トップページ未来への取組み

未来への取組み

鉄筋継手研究会 鉄の継手の最新情報の発信



「鉄筋継手研究会」とは、平成21年秋(社)日本鉄筋継手協会が実施した「鉄筋継手工事標準仕様書」の大幅な改定に伴い、さらに複雑化、多種多様化する鉄筋継手の最新情報を建築建造物の設計・施工・管理に携わる皆様と共有し、品質・施工管理等の正しい鉄筋継手の理解を深め、さらには最新の鉄筋継手技術を活用したトータルコストダウンを考える研究会です。


鉄筋継手研究会事務局

「鉄筋継手研究会」を企画・運営しております事務局に、2010年秋より新たに10社のメンバーが加わりました。
鉄筋継手の最新情報を、より多くの設計・監理・ゼネコン・継手業者の方々に発信すべく、頑張って参ります。

1)(株)アクティス           福岡県大野城市
2)(株)アイアンジョイント      熊本県熊本市
3)(株)岩田鉄筋工業        福岡県筑紫郡那珂川町

4)(株)大隅工業            福岡県福岡市

5)(有)九州ケーワン        福岡県春日市
6)(株)九州ワーク         鹿児島県薩摩川内市
7)(有)熊本圧接          熊本県熊本市
8)(有)輝美             福岡県福岡市

9)(有)肥前溶圧          佐賀県伊万里市

10)(株)フクアツ          福岡県福岡市

 

第12回例会開催のご案内(応用編)

目 的
ガス圧接・溶接・機械式と複雑化した継手の最新情報を発信・共有し鉄筋継手の正しい理解を深めることを目的とします。
対 象
建築構造物の設計・管理・施工に携わる皆様。
定 員
80名
開 催
平成28年3月18日 13:00〜17:00(開場12:30)
福岡国際会議場 401号室
参加費 無料
講演内容

参加申込書参照

 ※開催予定の鉄筋継手研究会の参加申込書の入手

今後の予定

参加の方々の意見を反映し、基礎編(春季開催)と応用編(秋季開催)にシリーズ化し、途中参加でもより理解が深まる様、改訂しました。

2016春(基礎編)
鉄筋溶接継手工事 品質施工管理のポイント
2016秋(応用編)
未 定
 2017春(基礎編) 

鉄筋ガス圧接継手工事 品質施工管理のポイント









 


※開催時期は予定です。講師につきましては決定次第お知らせします。

ページの上へ


第4回例会のご報告

平成23年6月10日「鉄筋継手研究会 第4回例会」が、設計管理・ゼネコン・継手施工会社の方々90名の参加にて無事終了しました。ご参加いただきました方々、ご協力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

鉄筋継手研究会第4回例会の記事が、九建日報さん・日本建設通信新聞さん・東京経済さん・帝国データバンクさん・Net-IBさん・東経NEWSさんに掲載されました。

41.jpg 

第1部講演 角陸講師(清水建設)

42.jpg

第2部講演 森澄講師(富士ボルト)

43.jpg
第2部講演(実演) 森澄講師・星野講師

44.jpg

会場の様子


第3回例会のご報告

平成22年12月2日「鉄筋継手研究会 第3回例会」が、設計管理・ゼネコン・継手施工会社の方々60名の参加にて無事終了しました。ご参加いただきました方々、ご協力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

31.JPG

第1部講演 角陸講師

32.JPG

第2部講演 神谷講師

33.JPG

会場の様子

第2回例会のご報告

平成22年6月29日「鉄筋継手研究会 第2回例会」が、設計管理・ゼネコン・継手施工会社の方々60名の参加にて無事終了しました。ご参加いただきました方々、ご協力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。


6_29-1.JPG
第一部講演 角陸 純一氏

6_29-2.JPG
第二部講演 塚本 修二氏

6_29-3.JPG
第三部講演 降旗 達生氏

第1回例会のご報告

平成21年12月1日、我社が事務局を努めます「鉄筋継手研究会 第1回例会」が、設計管理・ゼネコン・継手施工会社の方々30名の参加にて無事終了しました。
第一部を日本鉄筋継手協会の矢部専務理事、第二部を戸田建設九州支店 重本所長、第三部をハタコンサルタントの降籏代表が講演されどのコーナーも好評のうちに終了、展示いたしました各ブースも好評で、研究会の目的である最新情報の発信を実現することができました。

当日ご講演を頂きました御三方並びに、ご参加いただきました皆様、また開催に向けご協力いただきました皆様、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
早速、皆様にいただきましたアンケートやご意見を参考に第2回例会の準備に入りました。予定等決定次第、ご報告いたします。
ご参加の程お願い申し上げます。



新技術開発 鉄の継手の未来のために

2007年神奈川県相模原市のレール関東営業所内に技術開発部を開設し、技術開発専門のスタッフが鉄の継手の未来のために新技術の開発に取り組んでいます。

3CW(高強度鉄筋専用継手 - SD490対応)

特許出願中 特開2009-249981当社にて開発中の新技術3CWは、機械式継手と溶接継手の利点を生かした、日本初のコラボ工法で、現存の鉄筋継手では困難とされる高強度鉄筋の良好な継手を可能としました。さらに従来では不可能であった全周超音波検査を可能とし高品質な継手を確実に提供します。

グリーンベルト運動への参加 MOTTAINAI宣言参加中


180_200.gif当社の商品である鉄の継手(鉄筋の継手・レールの継手)は環境にやさしい仕事であるとは言えません・・・そこで当社は考えました。CO2を仕方なく排出してしまうなら、 CO2を吸収してくれる緑を増やすことが出来ないか・・・当社は環境分析で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんのMOTTAINAI運動に共鳴し、MOTTINAI宣言に参加。ワンガリ・マータイさんの植林活動(グリーンベルト運動)に募金活動を続けています。






green1.jpg